みなさま、お変わりございませんか。

いつも、巴里野郎を支えてくださり、ありがとうございます。

この春のコロナウィルスの蔓延、暖かくなったら落ち着くかと思っていましたが、

四月に入っても状況はますますひどくなり、先が見えない状況です。

どんな形でもお店を開けたい。三月まではそう思っていました。

でも、それはお客様を、出演者を、スタッフを危険にさらしてしまう。

いつになったら安全にお客様をお迎えできるのか。

出演者の皆様に、安心してお声かけできるのか。

堂々と公演の告知をすることができるのか。

答えを探そうと、日々あふれるニュース、

コロナウィルスとの戦いに関する さまざまな情報の中で 悩んでまいりました。

その間にも 受け取る寂しい連絡、数々の貸切のご予約のキャンセル。

この春はもちろん、秋10月のご予約さえ、キャンセルが出てしまいました。

しかし、悩んでいる間も営業できずともお家賃、JASRAC、その他いろんなお支払いがあり、、

大家さんとも相談の結果、今月末で巴里野郎の営業に終止符をうつこととなりました。

今まで6年間、多大なお力添えをいただいた皆々様へ、心より御礼申し上げます。

関西にも緊急事態宣言の出ていることをふまえ、

お別れのライブや集まりができないことをお許しください。

坂下文野